坂田昌一コペンハーゲン日記: ボーアとアンデルセンの国で

坂田昌一コペンハーゲン日記: ボーアとアンデルセンの国で. Edited by 坂田昌一 Shōichi Sakata and Morris Low Tokyo, Japan: ナノオプトニクスエナジー出版局 (Nano Optonics Energy Publications Office), 2011.

Title 坂田昌一コペンハーゲン日記: ボーアとアンデルセンの国で
Translated title Shoichi Sakata's Copenhagen Diary: In the land of Bohr and Andersen
Language of Title jpn
Place of Publication Tokyo, Japan
Publisher ナノオプトニクスエナジー出版局 (Nano Optonics Energy Publications Office)
Publication year 2011
Sub-type Edited book
ISBN 9784764955226
4764955229
Language jpn
Editor 坂田昌一 Shōichi Sakata
Morris Low
Total number of pages 278
Formatted Abstract/Summary ノーベル賞受賞者、益川・小林両氏を育て、のちのクォークモデルの基礎となる「坂田模型」を考案した坂田昌一のコペンハーゲン日記。
 坂田に自由な思考の場を提供したコペンハーゲンにおける、ボーアなど現代物理学揺籃期の研究者たちとの交流がよくわかる。
 また、エッセイや座談会、益川、小林両氏の寄稿、小沼通二氏の解説をとおして、坂田昌一のひととなりに迫る。あらためて「科学」を考える現代に必携の書である。

湯川・朝永とともに、日本の素粒子物理学の基礎を築いた坂田昌一の素顔にせまる日記と書簡。現代物理学揺籃の地、コペンハーゲンののびやかな空気が育んだ、「坂田模型」発表直前の記録を初公開。座談会「原子力と国際政治」収録。
Q-Index Code AX
Q-Index Status Provisional Code
Institutional Status Unknown
Additional Notes Dr Low is one of 18 editors for this book. Scanned copy of book details available.

 
Versions
Version Filter Type
Citation counts: Google Scholar Search Google Scholar
Access Statistics: 77 Abstract Views  -  Detailed Statistics
Created: Fri, 20 Jan 2012, 10:22:32 EST by Ms Katrina Hume on behalf of School of Languages and Comp Cultural Studies